私のシンプルな暮らし

シンプルな暮らしが心地いい。シンプル・ベーシック・コンパクトが好き。

私の天国

 

僕と結婚しないと

君は誰にも心を開かず

ずっと一人だったと思う。

 

↑ 夫がこう言ってきた。

 

私は昔から

自分の本音を言うことが怖くて

言えずに、誤魔化してきた。

 

自分の本音を言って

否定されたることを想像したら

死ぬほど怖かった。

 

事なかれ主義で、

自分さえ我慢すればいいと思い

言葉を飲み込んできた。

 

自分の考え、好きなこと

それらを笑われたことが何度かあり

それが私の心に深く残っている。

 

だから、自分の本音を隠して

相手の表情をくみ取り

調子を合わせて生きてきた。

 

f:id:simple-life-diary:20200201091310j:plain

 

でも、不思議なことに

両親にも言えない本音を

夫には包み隠さず言うことができる。

 

怖い思いをしていたこと。

恥ずかしい思いをしたこと。

悔しい思いをしたこと。

 

そして私は、繊細な気質

(今よくきかれる[HSP])がある。

 

だから、一人でゆっくり過ごしたい。

人と距離をおきたいこともしょっちゅうある。

ひどく疲れて寝込むこともある。

 

すべて夫は受け止めてくれた。

 

今も私は外では本音を言えず

(本音が分からない時もある)

繊細な気質故に世の中に疲弊しながら

社会人生活を送っていて、

時々心がバラバラに壊れそうになる。

 

その度に、夫に救われる。

 

そんな私が前向きに生きていける場所。

それは「家」。

物が少なく、簡素な造りで、

シンプルな物しか置いていない家。

ここが、私の天国。

 

私の天国は大事な場所。

だから掃除も欠かさず、

片づけも積極的にする。

そうするともっと「家」が好きなる。

 

▽ 応援 よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ