私のシンプルな暮らし

シンプルな暮らしが心地いい。シンプル・ベーシック・コンパクトが好き。

つまらなく見える暮らしの「強み」

f:id:simple-life-diary:20200113083558j:plain

 

食料品や日用品は自分の定番を買う。

服飾雑貨はほとんど買わない。

化粧品類は数少ない。

 

飲み会・女子会にほとんど参加しない。

旅行に出ることも少ない。

車は持っていない。

 

そんな暮らしを「つまらない」と思われてもかまわない。

 

誰かにとっては「つまらない暮らし」でも

私にとっては強みになっている。

 

まず、「もっと!もっと!」という果てしない欲がない。

「あの人より」とか「あの時より」という比較もしない。

自分を誇張したい考えが出ても、「いや、それは違うよ」と客観的に拒否することができる。

 

家計にとっても強みになっている。

 

シンプルだから、家計の費目が少ない。

その費目も毎月似たような支出額だから、頭の中でだいたい計算できる。

最低いくらあれば最低限の生活ができるか分かっているから、今の給料でも大きな不満はなく生活できている。

 

過去には、「収入が少ないから欲しい物が買えない」「(贅沢な)生活のために、もっと稼がなくちゃいけない」

まさに「もっと!もっと!」という考えで転職をしたこともあった。

 

稼ぎは増えたけど、その分重圧がのしかかりストレスが増えた。

それを和らげるつもりで買い物をして贅沢をして・・・を繰り返し。

結局、身の丈を超えた支出で借金を抱えた。

 

地に足のついた堅実で身の丈の暮らし。

誰かにとっては地味で冴えない「つまらない暮らし」に見えても、

私にとってはそれが一番安心で心強い。

 

▽ いつも ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ