私のシンプルな暮らし

シンプルな暮らしが心地いい。シンプル・ベーシック・コンパクトが好き。

「専用品」はいらない

f:id:simple-life-diary:20170425133703j:plain

 

物の数が増えれば増えるほど、私の暮らしは窮屈になる。

数を増やさないためには「専用品」は持たないこと。

 

洗剤はトイレ用、風呂掃除用、洗面所用・・・用途別に様々出ているけど、重曹さえ持っていればあちこちで使える。

トイレ掃除・風呂掃除・洗面所は洗濯洗剤でもできる。

 

オールインワンジェル1本で顔からボディまでスキンケア。

 

服は夏は「夏専用」になってしまうけど、春・秋・冬通して同じ服を着回している。

アウターは春・秋は兼用、冬は「冬用」を用意するだけ。 

 

バッグ・靴は季節感関係なく使える物を(ただし、雨用のレインブーツは必須)。

アクセサリーは日頃使っているのを、そのまま冠婚葬祭にも使える物を。

 

 

あれこれ「専用品」をつくって企業は儲けようとしているだけ。

そして、私たち消費者は「専用品」に依存してお金を浪費しているだけ。

 

そう気がついたら、手持ちの物をいつでも繰り返し使えることの方が、安心感がある。

これからの暮らしに「安心感」は重要になってくると思うから。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ありがとうございます。