私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

もっとサッパリしたい

知人が逝去されたと知らされた。

年齢はおそらく私より10歳くらい先輩。

 

人の一生は生きた年齢の長さではなく、歩まれた人生の内容が大事

なんて言葉を何度も聞いてきたけど、

「なぜあの方が・・・こんなに早く亡くならないといけないの?」と、シンプルに頭に浮かんだ。

 

身の回りの訃報を聞くことが増えつつあり、その度にショックを受け

そして、わが身を思うと、「死」を身近に考える年齢ではないけど、片隅で意識しておきたいという気持ちはある。

 

いつ、どうなっても、周りが困らないよう、身辺整理をしておきたい。

生活必需品と、私の心と暮らしに彩りを添えてくれる少しの物さえあればいい。

「立つ鳥跡を濁さず」的な感じで、サッパリとしておくのが私の理想。

 

その理想を思うと、今の私の身の回りには、もう手放してもいい物が(けっこうな数)あるなぁ。

何となくで取ってある物もあれば、執着心丸出しで取っている物もあるし。

その執着心だって、私の勝手な思い込みや見栄からくるものなんだろうなぁ。

(↑ 心のボヤキを書いているだけ)

 

時間は無限にあると思っちゃうけど、ほんとはそうじゃない。

人の死をもって実感するのではなく、いつもそう思っていないといけないのに。

今できることを粛々とやり、今日をつつがなく終えられることに感謝を忘れずに。。。

 

スポンサー リンク

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ