私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

停滞から循環で気持ちにハリが出る

 

「もしかしたら、また着るかも」・「もったいない」という執着で取っておいた服。

それらを一斉に売りに出した。

その数、7着。

なんでこんなにあったの?

我ながらあきれてしまう。。。

 

昨年の初春に買ったトップスも売りに出したところ、早々に売れていった。

1年間活躍した服だけど、時々違和感を感じていたので、もたもたせず素早く手放せたのは進歩したと思う。

 

さらに季節が進んだらあと2着手放そうと決めている服もあるので、今年上半期だけで9着手放せる計算になる。

「私が持っている服は少ない」と思っていたけど、客観的に数字で見ると「全然少なくない!」とツッコミたくなる。

 

 

今回7着売りクローゼットに大きなスペースができたところで、隅々まで掃除をしてスッキリきれいなクローゼットになった!

 

そして・・・そこに新しくトップスを1枚とスカートを1枚購入。

(お気付きだと思うが、昨年からのノー・バイはここで終わり!)

 

私のクローゼットの中が停滞していたものが循環して、気持ちにちょっとハリが出た。

[いつも・毎シーズン出し入れ]は、金銭面・環境面から関心できないけど、2~3年おきに出し入れは気持ちのためにもした方がいいなぁと思った。

 

スポンサー リンク

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ