私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

私の考える服の鮮度

 

一度買った服は長く着ることが望ましいけど

実際は数年経つと「ちょっと飽きたな」とか

「微妙に合わない」「気分じゃない」と、変化があるもの。

 

私は割と物持ちがいい方で、服でもバッグでも(その気があれば)ずっと使い続けられる。

でも、やっぱり「気分じゃない」とか「微妙に似合わない」に変化してしまう物がある。

 

服で言うと、およそ3年目には 「この服は気分じゃない」とか

「微妙~」と思い始める。

しかも、ベーシックから外れた物ほど、そういう気持ちになるのは早い。

 

買った者の責任として、ダメになるまで使い続けたいところではあるが

着たくない服を着る、使いたくない物を使うことほど、辛いことはない。

 

そう思ったら、今クローゼットに放置されている3年前に買った2着の服も、

まだ旬なうちにサイクルに出そうかなと考えている。

 

3年前に買った時は、嬉しくて、お気に入りで、頻繁に着ていたのに・・・

3年経った自分が、「なんか違う」と思う日が来るなんて・・・

 

私の中で服の鮮度はおよそ3年と考えると

数少なく、ベーシックな服でも、3年後には入れ替える

と心得て服を選んで買うのがいいかな、と思った。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。