私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

ドイツ式の夕食方法を取り入れる

 

門倉多仁亜さんの著書で知った「カルテスエッセン」。

ドイツ式の簡単な夕食を指す言葉(火を使わないので”冷たい食事”というらしい)。

 

私は以前から「夕食の支度は、実に面倒だ」と思っている。

仕事の後に、買い物に行ってご飯を作って、後片付けをする・・・

温かいうちに食べることができるようにと考えながら、食材を切ったり、下ごしらえしたりして、できた頃にはクタクタ。

後片付けは食後のゆったりしたい時間を(少なからず)奪っていることは事実。

 

でも、夕食はできたてで温かい方がいい!と思っていたから(たとえショボくても)、食材キットなんかを利用しながら細々と作ってきたけど、もうイヤだ!

特に鍋やフライパンの後片付けが私の心を折る。

 

クタクタの体で皿や鍋、フライパンを洗いながら、「もっとシンプルな夕食にしたいなぁ」 と思っていたら、いつか目にしたこの言葉が脳裏をかすめた。

 

”冷たい食事”に罪悪感や抵抗があるなら、朝のうちに汁物を作っておいて、夜それを温めて食べるだけにすれば簡単。

または刺身を買ってきて食卓に乗せるだけ、とか。

 

家族に育ちざかりがいるわけではないので、トータルで栄養バランスが偏っていなければいい、くらいに思うことにした。

 

私は専業主婦じゃない(週5日・フルタイムワーカーだ)から、献立を考えたり、ちょうどいい時間に夕食を提供すること、後片付けに追われることに労力を割かなくてもいいのでは?←甘え

 

気負わずシンプルな夕食に徹しようと思っている。

・・・すっごく疲れたときは、リンゴ1個皮をむいておわり、とか。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。