私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

流行りの物はいらない

 

私は流行りの物は持ちたくない。

流行りの物は私にとってはいいと思える物ではない、まして必要な物でもないから。

それに街中で同じ物を持っていると(一人で勝手に)バツが悪くなるし、流行が終わった後の扱いに困る。

 

20代の頃は流行り物を自ら進んで持っていたけど、それは「みんなと同じ物を持っていれば安心」という幼い発想の名残だと思う。

でも、すごく散財するし、流行りが過ぎた後はただのゴミになって、売れても二束三文、捨てるのも一苦労で、ほんとに痛い目をみた。

 

流行りは誰かが発案して、莫大な広告費用をかけて流行らせて、一部の人が儲けるだけ。

物の本質より消費(お金を使わせること)に重きが置かれている実情が嫌い。

 

将来のゴミになる+一部の人の金儲けに加担することに、(無意識に)協力しているのがすごくいやだ。

意思を持ってお金を使う、物を持つことを心がけるようになったことで、そう考えるようになった。

 

 

定番やベーシックを軸に持っていれば、わざわざ「新しい何か」を探す必要もない。

それに、シンプルでベーシックなアイテムで身を固めているほうが、オシャレな人から「オシャレですね」と言われることが多い。

何ごともTooMuchダメなんだ。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。