私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

<物がたくさんあり過ぎる時代>に生きる私の暮らし

 

「私のシンプルな暮らし」をうたいながら、どこか「ミニマリスト」と混同している自分がいた。

長らく感じていた違和感は、シンプルライフミニマリストの混同だったと気づいた。

 

減らす、無くす、やめてみる・・・数々やってきて気がついたのは、私はミニマリストにはならないということ。

 

必要最低限はけっこうだけど、自分の気持ちが揚がる物を少し持つことも悪くないよね。

不必要な物を出す ⇔ 必要&自分の心のためになる物を入れる

この循環さえできていれば、無理に減らしたり・無くしたり、所有数にこだわる必要はまったくない。

“バッグは3つ”とか、“靴は5足”とか、そういう数にこだわる系はもう食傷気味。

数に縛られるもに疲れた私。。。

 

おおらかに、かつ、慎ましくもヤボったくならないように品を持つ。

たくさんはいらないけど、自分にとって(物理的に心理的に)必要な物はしっかり持っていたい。

 

今の時代、物がたくさんあり過ぎる。

そして、残念なことにどもれこれもが私には無駄な物に見える。

だから、たくさんあり過ぎる物の中から「私の心ときめく物」に出会えることって実は幸運なことだ思う。

出会いに感謝して、ときめきを大切にして、物を大事に使う。

そういう暮らしをしていきたいと思う。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。