私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

小さな範囲でささやかに楽しむ

f:id:simple-life-diary:20190226081210j:plain

 

じきに40歳になる私にむけて知人が「記念に残ることをしてみたらどう?」と提案してきた。

彼女は30歳になる直前に一人旅に出て、旅先で30歳を迎えたと言う。

それははり忘れられない思い出になったとも言う。

 

思えば、近年遠出をしていないし、憧れのホテルがいくつかあるから、そこへ行ってみようかしら?という思いがムクムクとわいてきた。

 

でも、やっぱり遠出はしない、憧れのホテルにも行かないことにした。

正直に言うと、ルートや宿のWEBを見ただけで疲労した。

電車や飛行機での移動、混雑している観光地、気張ってしまい(ちっともリラックスできな)そうなホテルのプラン・・・

 

私の住む都市にも5つ星・4つ星のホテルはあるのだから、そこでランチをするだけでも十分満足できる。

だから、あえて遠方の5つ星ホテルに行かなくてもいいかな、というのが本音。

 

出不精といわれてしまえばそのとおりだが、近場で心地よいサービスを受けられ、家に着いても嬉しさの余韻が残っている距離感の方が私は好きだ。

毎年恒例にしている近場の定宿への1泊旅の方が楽しみだしね。

 

しばらくは、小さな範囲で、ささやかに、非日常を楽しみたいと思っている。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。