私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

モノに対する価値観は、縛られず軽やかに

f:id:simple-life-diary:20181012090044j:plain

 

年齢を意識すると「一生モノ」という言葉がチラッと頭をよぎる。

一生モノのジュエリー、一生モノのジャケット、一生モノのバッグ・・・

それらは歴史と伝統、職人技の活きるブランド生まれで高品質なのはもちろん、値段も高価である。

だから一生モノと呼ぶにふさわしく、見ている側もうっとりするくらいである。

 

“年齢を重ねたからこそ、一生モノを1つ2つ持っておきましょう” という風潮に流されることがあった。

私が一生モノとして考えたのが、ジュエリー、バッグ、時計、靴だった。

たしかにどれも手入れをしっかり続ければ一生使えるモノばかり。

 

スポンサー リンク

 

 

しかし、今時期の私には一生モノはふさわしくないと分かった。

価値観、趣味の変化と、(今の年齢だからこその)顕著な加齢が理由。

 

10年後の自分に合うだろうと買うと、今の自分には不相応。

今の自分に合あわせて買うと、10年後の自分の価値観や趣味・外見と合わない。

 

時間の流れとともに、自分の心も体も変化しているのだから、

その時に合ったモノを手に入れ、時期がきたら処分すればよいのではないか?

と思うようになった。

 

決して「使い捨て」を推奨しているわけではない。

むしろ、手に入れたら様々な場面でくたびれるまで使うのだ。

 

ところで、現在、私の人生の中で長く使い続けているモノがある。

時計。

数年に一度オーバーホールしながら使い続けている。

結果として「一生モノ」になるかは、これからの人生にもよるけど、

「一生モノ」という考えに縛られず、軽やかに生きていきたいと思う。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。