私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

来年40歳になる私が、最近おもうこと

f:id:simple-life-diary:20180929093633j:plain

 

20代は、世間知らずで自己中心的で勢いだけで生きてきて、

30代は、世間に縛られ、自尊心を失い(お金も失い)、未来に絶望したり、苦悩している。

 

それでも、暖かく心地良い家があり、仕事があり、心穏やかなオットと平和に暮らしている今がある。

そんな私が来年40代に入る今だからおもうことを、すこし書いてみようと思う。

 

スポンサー リンク

 

 

他人と比べない・他人は他人、自分は自分

つまらない見栄張り、自己顕示欲を満たすためだけの愚かな行為は、もうしない。

私には私だけの素敵な世界があって、私の身の丈に合った暮らしこそが最適で快適だと分かったから。

 

時に緩やかに、時にしっかり

生きていると[緩と急]、[波]は必ずある。

その波に乗って流されるがままに身を任せるのがよい時もあれば、暴れて別の波に乗る方がよい時もある。

そこをしっかり見極めて、行動できる人になりたい。

 

執着は捨てる

よいモノ、多くのお金、ステータスなどに執着はしない。

執着しようものなら、その心は捨てる!

何かに執着する時は、たいてい自分の心が弱っている時。

自分の心を立て直すための時間の過ごし方を大事にしたい。

 

お金・時間を大切にする

日々をつつがなく暮らしていけるだけのお金あれば、それが幸せなのだと思う。

つつましく暮らしながら、美しいお金の使い方をしたい。

 

そして、最後に、すべてに感謝して生きてく。 

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。