私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

ベーシックな服は利点だらけ

f:id:simple-life-diary:20180929093630j:plain

 

服は白・黒・ネイビー・グレー、柄物はNG、ベーシックなスタイルが好み。

(ストール・靴下で差し色、アクセサリーで輝きをプラスしている。)

 

しかし、お気に入りのブランドの近ごろの傾向はデザイン性のあるものばかり。

そして気がついたのだが、どこのブランドもベーシックな服は数少ないし、私と同じ考えのかたも多いようで、売り切れ率が高い。

なので、贔屓にしている店がお気に入りのブランドとコラボしたベーシックなデザインの服を見つけると、買っておき寝かせることがある。

 

ベーシックな服は、必ず着る時が来るのです。

 

スポンサー リンク

 

 

派手にしない、若さにすがる痛々しいファッションはしない。

飾ったり、盛ったり、派手が「サマ」になるのは、若さがあるから。

年を重ねたら、年齢相応のベーシックな服を選ぶ人が本当におしゃれな人だと思う。

 

私はただひたすら[ 女性らしい嫌味のない清潔感 ]を心がけている。

服は自分を表現するツールでありながら、自分の味方にもなれば、敵にもなりうる(着こなしに満足していない日は1日落ち込みっぱなしとか)。

 

「人は外見じゃない」という意見もあるけど、やはり外見で判断される場面はあちこちであると、経験してきた。

 

自分のポリシーと、世間からの扱い、両方を考えると、自然とベーシックな服になる。

そしてそういう服は、買ってからしばらく寝かせておき、いざ着るとなっても違和感なく自然に着れるものである。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ