私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

実家の片づけ・自宅の片づけ

f:id:simple-life-diary:20180915083035j:plain

 

猛暑が終わり、ようやく楽に活動できるようになったので、片づけが大いに捗った。

 

今回は、実家に長年置きっぱなしにしていた私物に手をつけてきた。

 

ブランド品が入っていた空箱とその紙袋、縁の切れた友人からの手紙、いつか使うと取って置いて劣化した文房具や雑貨類、勉強の資料、本・・・

およそ110サイズのダンボール箱3つ分に詰め込まれていた私物の98%はゴミとなった。

なお、残した2%はアルバム5冊と大学の学位記である(これらも、数年後には捨てたい)。

実家の私物を片づけながら「どうしようもないモノばかり取っていた」と気づいた。 

 

空になった納戸や引き出し、空間のできたクローゼットを見て、私も両親も爽快な気分になった。 

実家を倉庫代わりにしていたことが本当に申し訳なく、両親に詫びて帰宅した。

 

スポンサー リンク

 

 

勢いそのままに、自宅の片づけも進めた。

背が高く重さもある本棚。

老いた時、これを自力で捨てるのは厳しいだろうと判断。

棚の中の本はほとんど捨て、本棚も捨てた。

 

他にも自分の服飾雑貨やキッチンファブリックなども処分した。

 

それでも、まだまだ捨てるモノがある。

地道に続けていこうと思う。 

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ