私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

アラフォーの私が気を遣っていること

f:id:simple-life-diary:20180908094355j:plain

 

40代が目前に迫っている今の私。

30代前半は「若さ」ギリギリといったことろでしたが、30代半ばから「おや?」と感じることが増えた。

それは、加齢に伴う自分の外見と内面の変化に気づき始めたということ。

 

スポンサー リンク

 

 

年を重ねることは誰も避けることはできません。

だからといって、「私はオバさんだし!」と開き直るのはよろしくない(と思う)。

 

女性である以上、最低限の心がけは無くしたくない

 

私が気を遣っていることは、身だしなみ。

オットからは「自意識過剰じゃない?」と言われるほど、身だしなみには気を遣っている。

というか、自意識過剰なくらいでないと、自己満足な身だしなみで終わってしまう。

自己満足な身だしなみは、傍から見ると「ちょっと惜しい」状態になる可能性があると私は考えている。

 

自分の体でいうと、

 ○ 髪は手入れをしてツヤと清潔感を

 ○ メイクは最低限で健康的に

 ○ 爪は伸ばさない、華美にしない

 ○ ひじ・ひざ・かかと・手にはクリームを塗る

 

服装でいうと、

 ○ ブラウス・ワンピース・スカートにはアイロンをあてシワをのばす

 ○ よれ・ほつれ・破れ・毛玉に注意をはらう

 ○ 靴はかかとのすり減り、つま先に破れがないか注意をはらう

 ○ バッグは四隅にほつれ、破れ、色褪せがないか注意をはらう

 

 上に書いたことに注意をはらわないと、一気にオバさんくさくなってしまう項目なので、[清潔感]を第一に、身だしなみチェックを日々している。

 

日々のルーチンにしてしまえば、面倒でも何でもない。

それに、自分の体の様子や持ち物の状態に気が付くことができるので、私の大事な仕事のひとつだ。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ