私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

買い物の成功例

f:id:simple-life-diary:20180813093044j:plain

 

手元に1枚のスカートがある。

色は黒、ギャザーがうっすら入っていて、ひざ下丈。

2年前に必要に迫られて買ったこのスカート、とても重宝しているのだ。 

 

スポンサー リンク

 

 

買う動機は「必要だから」、なので期待もないし、たいして喜びもなかった。

しかし、必要に迫られたとはいえ、アレコレ悩んだうえで購入に至った。

 

しかし、これが現在の私のワードローブで活躍している。

万能カラーである黒、嫌味のないシンプルなデザイン、ちょうどいい丈・・・とても気に入っている。

 

期待がなかったところから、後に私の必需品になったなんて、ちょっと不思議。

期待が大きかったのに、後に私の不要品になったモノ] という逆パターンはわりと多くあったけど・・・

衝動で買うモノには過剰な期待を寄せてしまう(たとえば、「一生モノ」とか「My定番」とか)

そして、そうならないモノに対して後ろめたさを感じたり、後悔することがある。

 

必要だから、期待をせず、だけど熟考して買ったことが、買い物の成功例のひとつだと思う。

過剰な期待を寄せてしまうモノは、長い時間をかけて「買うor買わない」を考えることが必要なのかもしれない。

そして、過剰な期待を寄せるモノは、本当に必要なモノではない可能性が高いのではないだろうか?

 

波立たず、風吹かず、ひっそり静かな「期待」、そして自分に必要

そういうモノに出会ったとき、惜しみなくお金を払って買うのがよいのかもしれない。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ