私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

ミニマムな人間関係

f:id:simple-life-diary:20180623082001j:plain

 

私は職場の人と親しくならない。

親しくなる方法を知らないわけではないが、「親しくなりたい」と思って同僚に接することはない。

ゆえにメールアドレスもLINEの交換など、一切していない。 

 

私は、職場の人間関係はミニマムにしている。

 

スポンサー リンク

 

 

職場の人間関係をミニマムにする理由。

 ○ 仕事をするために集まっている人の中から友達の関係を築きたい人がいない

 ○ プライベートや本音を晒したくない

 → 理由はそれがあとあと陰口のネタにされる恐れがあるから

 

一方、職場の誰とでも親しくなれて、その後友達の関係を続けている人がいる。

ある意味、才能だと思う。

しかし、友達のような付き合いをしている同僚たちの共通の話題は、職場の愚痴や特定の人に対する陰口だったりする現場を見ていると、とてもゾッとする。

仕事の後の「ご飯食べに行こうよ!」も、きっと愚痴や悪口の掃出しの時間になっているのだと思うと、私にはとてもできないと思う。

 

はっきり言って、愚痴や悪口・陰口を言って笑いとばす集まりは、スッキリしないどころか、後味がすごく悪くて、時間を無駄にする行為だと思う。

実際、むかし私はこういう会に(気が弱くて、自信がなくて断りきれず)出た経験があるが、とても気分が悪かったことを覚えている。

 

職場では「いるかいないか分からないくらいの存在感」で仕事をきっちりして、会話は最低限ですませる、他人に干渉しないよう心がけている。

また、陰口・悪口の対象になるのは不可抗力だと思うので、気にしていない。

これで、私の職場の人間関係のストレスはほとんどない。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ