私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

一生モノ?

買う時は「これは一生モノだ!」と確信しているのに、数年経つと何故か微妙になることありませんか?

たしかにずっと自分に寄り添い続けているモノもあるのに、微妙になるモノもある。

そういう時、自分の感性は信じられないと愕然とするものです。 

 

スポンサー リンク

 

 

ところで、今のところ私に寄り添っているモノは、

 ○ 腕時計

 ○ ダイヤのピアス

 ○ 鍋3つ

 ○ 木べら

といったところでしょうか。

しかも、腕時計は10年ほど未使用期間があったけど、この年になってようやく「自分にふさわしい」と思って愛用するようになった。

ダイヤのピアスは昨年購入して、頻繁に使っているモノ。

鍋と木べらは実家を出た当時に買ったモノなので、1●年間ほぼ毎日使っている、しかも気に入っているモノです。

 

ひるがえって、「一生モノになる」と息巻いて買ったのに、そうでもなくなったモノがある。

たとえば、バッグ・財布は、(残念ながら)年月を経るとどうしても価値観と合わなくなり、使い勝手にも不満が出てきたりして、長く寄り添っているモノが無い。

 

モノを長く使うって、けっこう大変なことなんですよね。

だから、安易に買わないこと、今あるモノで何とか過ごすこと(=使い切る心がけ)を自分に課しています。 

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ