私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

めんどうだから、やめます

f:id:simple-life-diary:20180428130138j:plain

 

大物・小物さまざま、気がついたら処分する。

大物は粗大ゴミの回収の申し込みや処分代の支払い、または処分場への運搬、売る場合は梱包など、処分するのに何かと労力がかかって大変。

小物とて手間はかからないが、精神的にガクッと落ち込むのは大物とは変わらない。

モノを処分すれば、自分のいる空間と視界がスッキリするが、同時にこれまで無駄にしていたことへの反省や後悔もある。 

 

スポンサー リンク

 

 

そのような気持ちにさいなまれるくらいなら。。。

そして、買っても責任を持てないくらいなら。。。

 

本当に必要なモノだけを、じっくり考えたうえで買う。

買ったからには、責任を持って最後まで使い切る。

 

そういうことを念頭に置いていると、

買い物という行為そのものにめんどうさを感じてくる

 

今、私が所持しているモノと合うか?

(色・素材・バランス感など、けっこう気にしてしまう)

所持したところで、使う場面が限られないか?

今の心の状態で買うのはどうなのか?

これって本当に私に必要なの?

→つまるところこれ!

 

“満足”を求めるはずが、たった一つのモノでも、気持ちの面から所有、処分に至るまで、さまざまな面倒がつきまとう。

 

 

めんどうだから、買い物をやめよう。

 

買い物をやめれば思い煩うこともなく、無駄な支出もなく。

あるのは、心の自由と、空間のゆとりと、お金と時間の余裕。 

 

「感謝●」「マラ●ン」「●●週間」から距離を置き、自分の心の自由を最優先に生きていこう。

 

スポンサー リンク

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフランキング人気ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!