私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

基準を決めておけば楽になる

 

増え続けるモノ、増えないお金、収納に悩まされる家、面倒な衣替え・・・

そういったことに疲れ果てて、すっきり身軽に自由になりたい。

モノを減らし(捨てて)、収納術も収納用品も必要としない家になり、衣替えの必要もなくなった。

それを維持するためにシンプルな暮らしを続けている。

 

スポンサー リンク

 

 

モノ・服がどうのこうの、お金が増えないだの、収納がどうこうと、いちいち気にするのが面倒なので、シンプルな暮らしを淡々と続けるよう心がけている。

 

物欲に火がついても、「これが自分の暮らしを豊かにしてくれるか?」「最後まで責任をもって使い切れるか? 」を考える。

そして、自分が決めた基準に合っているか?ここが最大のポイントになる。

 

私の場合、自分の決めた基準に合っていないと購入から落第していったモノは数知れず。

もし基準が無かったら、安易に買ってしまうだろう。

それは、後日買取サービスに持ち込んだりまたはゴミとして出したりするのだ。

そして、安易に買った自分を恨みながら、通帳を見てさらに愕然とする、ということを繰り返していたかもしれない。

 

世間や企業や政府が描く暮らしと私の暮らしは違って当然。

だから宣伝に踊らされず、流行りに流されず、周りに縛られず、自分の暮らしと自分の基準を大事にしながら楽に生きていきたいと思う。

 

▼ 私の夏服の基準は、素材は麻、着心地が軽やかなこと

 

スポンサー リンク

 

 

▼ 関連記事

 www.simplelife2014.com

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフランキング人気ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!