私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

簡素な暮らしのゆたかさ

f:id:simple-life-diary:20180121130341j:plain

 

身のまわりを軽やかにするために、時間をかけて要らないモノを捨てたり売ったりしてきました。

それでも不思議なのは、物欲の強さは相変わらずなところ。。。

いまの私は、足るを知るがまったく身についておらず、心にも染み込んでいないということです。  

ですが、簡素な暮らしの中でゆたかさを感じる心はあり、いまはその心を大切にしていこうと思っています。

 

スポンサー リンク

 

 

派手さや流行・SNS映えなど見た目を意識することに興味は無く、話題のモノや場所にも興味は無く、人気ブロガーの情報にも興味が無い、世間と少し距離を置いて暮らしています

日々の暮らしはひたすらルーチンの「毎日同じことの繰り返し」(いい意味で)マンネリな日々。

一見すると、とても地味な暮らしです。

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

 

さて、私にとっての「ゆたかさ」とは、

 ○ 着る服に困らず、どれも清潔であること

 ○ 食べることに困らない(=仕事があること)

 ○ 心を落ち着かせる住まいがあること

居・食・住に関することですね。でもこれこそが基本でもっとも大切なことだと信じています。

この3つのゆたかさを実感していれば、、新しいモノ・流行りのモノに飛びつくなんてことはしなくなります。

そして、その方が圧倒的に心が和み平穏で、暮らしも穏やかで、時間も労力もお金も失わずに済みます。

 

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。