私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

シンプルな暮らしをする私の買い物の仕方

f:id:simple-life-diary:20180118161527j:plain

 

オットとふたり街のデパートに行ってきました。

さすがデパート。どこへ目をやっても上質な品が置いてあります。

上質な品は目の保養にもなり、気持ちもエレガントになれる(ように思う)のですが、長時間滞在する場所ではありません。 

 

スポンサー リンク

 

 

今回デパートへ行ったのには、ハッキリとした目的があったからです。

目的の買い物を済ませ包みを待っている間、他の売り場をフラフラ見ていて気がついたことがあります。

 

食器も、服も、靴も、化粧品も・・・私の生活に必要なモノはすべて揃っています。

しかし、上質な品を見ていると、つい自分の生活に置き換えて考えてしまい、ついには「素敵だから」なんて言って買ってしまうかもしれません。

さらに、周りはお買い物を楽しんでいる方々ばかりなので、その雰囲気に流されてしまうこともあり得ます。

以前の私だったら、上質・素敵=自分の生活に取り入れたい と安直に考え、デパートの雰囲気に流され、買っていたことでしょう。。。 

自分の生活に置き換えて考えることってよくあることですが、買い物をする場でこの思考を働かせるのは、後にいらなくなるモノを買ってしまう恐れがあるんですね。

 

デパートは上質な品をお客様に買わせるために、その品をさらに上質に・さらに素敵に見えるように実に細かいところまで工夫をしています

来たお客様には何かしら買ってもらいたいですから、購買意欲を刺激する見せ方や売り方(トークを含め)で、巧みに私たちの心を刺激します。

 

[上質・素敵=自分の生活に取り入れたい思考]は削除、必要なモノ・目的のモノだけを買って速やかにお店を出る、帰宅したらコーヒーを淹れてくつろぐ(出先のカフェはくつろげません)。

極めて味気ない買い物のしかたですが、疲れ度合いもまったく違います。

これくらいが私には上質な品の宝庫のデパートとのちょうどよい付き合い方です。

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。