私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「ふつう」の服が欲しい

f:id:simple-life-diary:20180118161532j:plain

 

自己顕示欲は強いですが目立つことはとても苦手です。

この矛盾とも思える性格は、ときに服装選びにも影響して「迷走」という形であらわれていました。

トップブランドの奇抜なデザインの服を買って、着こなせずタンスの肥やしにしたり、冒険心に従って奇抜な色の服を買って、やはり着こなせず、というか恥ずかしくて着たくなくてタンスの肥やしにしたり。

現在の落ち着いた服装選びに行きつくまでには、ずいぶんと遠回りをしました。

 

スポンサー リンク

 

 

そう、私は「ふつう」の服が欲しいのです。

デザインはスタンダード、色は白・紺・黒、ほんんど印象に残らないほどシンプルなスタイルが理想です。

そして清潔感はマストです!

 

私は洋服を消費財にしたくないのです。

一度買ったら、よほどのことが無い限りは擦り切れるまで着倒したいと思っています。

だから長く着れるスタンダードな形の「ふつう」の服が欲しいのです。

 

でも、いまは「ふつう」の服を手に入れるのが難しい。。。

どの服も(安い服ほど)流行を意識して過剰なデザインであったり、隠しポイントを施していたり、形もさり気なく流行を取り入れていることを大々的に宣伝しています。

どれも数年経ったら着れないよ、というものが多いのです。

 

「ふつう」の服を売っているお店をいくつか知っていて、そのお店を贔屓にさせてもらっていますが、そのお店でも「ふつう」の服は数少ないです。

こうなると、さらに年を重ねたら意固地になってオーダーメイドの服を2着だけの生活か?と思ったりもしますが、とにかくいまは贔屓のお店に頑張って定番をつくり続けてほしいと願うばかりです。

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。