私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

心の幸福はモノの所有とは関係がない

f:id:simple-life-diary:20180113092933j:plain

 

シンプルな暮らしをするには、なにが無駄なのかをまずは知ること

いま自分の周りにある不要なモノを捨てることは、無駄を知るにはいい方法です。

しかしただやみくもに捨てるのではなく、絶えず「なぜいらなくなったのか?」「それを買った当時の自分」と向き合うことが必要です。 

そこをクリアにしていけば、いずれはなにが無駄なのかを見極めることができます。

 

スポンサー リンク

 

 

無駄なモノには「気持ち」がまとわりついていることが多いです。

その気持ちに踏ん切りをつけたり、諦めをつけたり、折り合いをつけたり。。。様々な方法でモノにまとわる気持ちを断つことで、無駄を減らしていくことができます。

これは、断捨離でいう「離:モノへの執着から離れる」にも通じるところではないでしょうか。

 

モノを持てば持つほど欲はどんどん湧いてくる。

湧き出る欲に従い続け、他人よりいいモノ・最新のモノ・機能豊富なモノなどを絶えず追い続けてることは、自分の体力・時間・お金を無駄にしていきます。

モノを捨てることで、そういったことにも気づき愕然とするのですが、経験として活かすことができます。

心の幸福はモノの所有とは関係がない、ということを身をもって実感するのです。

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。