私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

靴はその人を表している

f:id:simple-life-diary:20171229092034j:plain

 

デスクワークで1日中座ってPC操作をしているせいか、腰に負担がかかっていると実感します。

近ごろでは、散歩のあと腰が痛い時がある。

日ごろ運動しない私にとって週末の散歩は大事な運動。

これに支障が出ては健康維持にも支障をきたすだろうと思う。

 

スポンサー リンク

 

 

今まで底が薄い革製のスニーカー(もどき?)を履いていたが、腰痛持ちの知人が教えてくれたランニング用の軽量スニーカーを買ってみました。

履いた瞬間から分かる履き心地のよさ、歩くと地面からやさしい反発があり歩を進めやすい。 

長距離の散歩をしても疲れにくく、腰の痛みも出なかった。

これは病みつきになる履き心地。

 

私は、様々なブランド、メーカーや種類が雑多に売られている店で靴は買わない。

ブランドの特徴や癖を説明してくれ、手入れやメンテナンスに至るまで対応してくれる店で、試し履きとしつこい質疑応答をしながら、ようやく納得した1足を買うことにしている。

 

靴はその人を表している、といっても過言ではないと私は思います。

高価な靴を履くという意味ではなく、手入れされた清潔なきちんとした靴を履いている人は、やはり仕事や生き方もきちんとされている人が多いです。

 

楽チンなスニーカーから話が逸れてしまいましたが、自分の暮らしの道具として・自分を表現するモノとして、靴はとても大事(スニーカー1足でも大事!)です、と言いたいのです。

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ