私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「持たない暮らし」とは、ものを捨てる暮らしではない

f:id:simple-life-diary:20171229092029j:plain

 

休暇中は時間があり余っていたので、図書館で借りた本を読みふけっていました。

借りた1冊に『持たない暮らし』を書かれた下重暁子さんの『自分に正直に生きる』があったのですが、この本の中に「我が妙を得たり!」な一文があったのでご紹介します。 

まさに「持たない暮らし」「シンプルライフ」を探求している私には響く言葉です。

 

スポンサー リンク

 

 

“ [持たない暮らし]とはものを捨てる暮らしではない。捨てない暮らしであり、昔からあるものを大切に、新しいものに飛びついて浪費の輪の中に入らない、という意味でもある。”

 

捨てること、モノが圧倒的に少ないといった「成果」がシンプルライフや持たない暮らしの象徴のようになっていますが、やはり心持ちがしっかりしていないと、形だけのシンプルライフ、持たない暮らしで終わってしまうと最近の私は思っている。

他人の捨てました自慢やミニマム自慢、逆に買いました自慢や財テク成功自慢など、他人の意見に振り回されたり、飛びついたりしたくない。

自分の領域内で淡々と静かに暮らしていくために、上の一文は心持ちとして大事なことだと思う。

 

また、ものを持たない暮らしのために、このようなことも書かれています。

“ ほんとうにいいものだけを求めて、ちょっといいものは買わない、”

“ 「ちょっといいわネ」と「ほんとうにいいもの」とはちがう。” 

 

今までの私は「ちょっといいわネ」なモノをチマチマと買っていました。

ちょっといいものは衝動的に買ったりすることもあり、いつか飽きがくる。

それを「価値観の変化」とごまかしていたこともあります。

買っては捨てて、捨てては買って・・・これはシンプルライフとはいえず、「持たない暮らし」どころか「浪費する暮らし」だと気がつき愕然としました。

もうつまらないモノにお金を使わず、ほんとうにいいモノにお金を使う。ほんとうにいいモノは時間をかけて手に入れるモノで、長く大切に使うモノなのです。

 

今回ご紹介した文章をみると、シンプルライフも「持たない暮らし」も、ゆっくり暮らすことで実現できることだと思いませんか?

現代は、みなが忙しく動き、時間の流れるスピードも速いです。そこに巻き込まれず、自分だけでもゆっくりすることで、無駄や浪費とは距離を置くことができるのです。

 

自分に正直に生きる (だいわ文庫) [ 下重暁子 ]

 

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ