私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

シンプルな暮らしに物質的な豊かさは必要か?

f:id:simple-life-diary:20171118131105j:plain

 

クリスマス~年末年始の休暇を経て、本日から当ブログを再開します。

といいましても、「毎日更新」に縛られず「できる時にきちんと書く」をモットーに続けていきます。 

この「できる時(または、やる時)にはきちんと」というのが今年の私の心持ちのテーマです。

 

スポンサー リンク

 

 

暮らしのほうは、シンプルライフを継続。

 

 ● いま私の身辺にある無駄な物事は引き続き捨てていく

 ● 捨てたからといって、新しいモノは増やさない、その逆で、新しいモノが欲しいからと手元のモノを捨てない

 ● いま手元にあるモノを大事に使い切る

 ● 上品なお金の使い方をする

(余談ですが、財テクが流行っていますが、自分にとって必要か?自分で選択・決定するため、今一度考え直しています)

 

***

 

私が上記のようなことを書いた理由は、世は「シンプルライフ」 といいつつ、モノやグッズの推奨記事や買った服のレポ記事や財テク記事が多く目立つ印象を受けたからです。

そして、同じことを実行する人が雪だるま式にどんどん増えているのです。

どれも「物質的に豊かになること」ばかりで、つまるところ現代の人はやっぱりモノやお金に依存する、ということを実感します。

 

しかし、多くは循環を意識するあまり使えるモノを捨ててまで自分の心地よさやワクワクを優先しています。

ですが、とっかえひっかえモノを入れ替えるのは「循環」とは言えません

「勘違いした循環」・「意思のない選択」の暮らしに豊か・幸せ・心地よさを感じてしまうのは、シンプルライフとは対局ではないかと思うのです。 

物質的な豊かさを求め続けているかぎり、真の心地よさ・幸せは実感しないのではないでしょうか?

 

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク