私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「こだわり」や「完璧」という執着を芽生えさせない方法

f:id:simple-life-diary:20171216094420j:plain

 

シンプルライフに邁進し始めたころ、モノが減ることが快感で、どんどん捨てればどんどん幸せになる!と信じていました。

実際、どんどん捨てるモノがたくさんあったので捨てははかどり、少しずつ家がこざっぱりとしてきました。

そして、心のほうにも変化が出てきて、他人の意思や目を気にする自分から解放され、執着なくさっぱりとした気持ちでいられるようになりました。

 

スポンサー リンク

 

 

だけど、ある程度捨て切ると気持ちに中だるみが出てきました。

「これだけ減らしたんだから、これからは自分のお気に入りのモノを買い揃えよう」

「捨てることでほんとの私が見えた!ほんとの私にふさわしいモノに入れ替えよう」

モノに対して執着が無いと言っていたはずが、自分自身と暮らしを完璧なものにしようというこだわりと執着が芽生えていたのです。

 

そこには、私が好んで見るシンプルライフや断捨離のブログの影響も大きくありました。

他人のブログで知り得たモノやアイテムが、自分を、暮らしを完璧にすると思うようになっていたのです。

 

実際は、幸い(?)完璧を求めて買ったり、手に入れたり、「お気に入りに囲まれた暮らし」の呪縛に縛られることはありません。

やはり過去の経験から、他人の影響を受けて買ったモノは自分の暮らしに馴染むことはないことを学び、[他人は他人・私は私]という思考を持っているからです。

自分を幸せに、暮らしをよくするのに、モノの役割は限られていると分かっています。(逆にモノが心に与える影響や可能性も分かっています)

 

今私の手元にあるモノこそが、縁があって私自身が選んで買ったモノ。

それを大事に活かし、今の自分に必要なモノ・愛着のあるモノに囲まれて、気持ちを穏やかにして暮らしたいと思います。

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ