私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

自分を優先することで、「おしゃれ」と言われるようになった

f:id:simple-life-diary:20171216094033j:plain

 

ワードローブの数が少ないので、1週間のうち同じ服を2度・3度着ることがあります。

私はタレントでもなければ、おしゃれを発信する側の人間でもないので、自分が心地よくて好きな服を着ていればいいと思います。

ただし清潔感だけは厳守しています。 

 

スポンサー リンク

 

 

同じ服をヘビーユースするうえ、着回しのセンスも無いので、相当気に入った服は同じものをもう1着買います。

ヘビーユースに加えて、座り仕事と生活と家事+洗濯をするという過酷さで、服の傷みは割と早い方です。

同じ服を2着持つことで、週2度同じ服を着ても、服自体は週1回袖を通したことになり、服へのダメージが減ります

 

この服とあの服の組み合わせや、バッグ・靴、小物などとの相性、全身でコーディネートを考えるのは、けっこう大変なことです。(だから、服とバッグ、靴がちぐはぐな人も多いわけで)

あらかじめ同じような服を揃えておけば、バッグや靴、小物とちぐはぐになることもないし、考えることに時間を取られなくてすむので、心理的に楽です。

 

意外なことに、毎日同じような服を着るようになってから「おしゃれですね」と言われる機会が増えました。

おしゃれに見られたくて頑張っていた時は何も言われなかったのですが、おしゃれをやめて自分の心地よさと清潔感だけを意識するだけで「おしゃれ」と言われるんですから、不思議です。。。

 

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ