私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

無駄なモノを減らせば、無駄なコトも減っていく

f:id:simple-life-diary:20171202133241j:plain

 

モノを多く持っているということは、その持ち分に相応していろいろなコトが発生しています

モノを維持する手間、モノについて考える思考、モノを管理するスペース、モノの最終処分を検討する時間など。。。

ひとつのモノに対して多くのコトが発生しているということは、モノが多くなればなるほど、私たちの時間・思考・スペースが侵略されていくのです。

だからこそ、無駄なモノ・不要なモノはどんどん減らしていくのです。 

 

スポンサー リンク

 

 

今は、ひと言「忙しいわ~」と言ってしまえば済んでいるかもしれません。

しかし、モノとの生活と自分の暮らしは絶え間なく続くこと。

さらに、いつ今まで通りの生活ができなくなるかもわかりません。 

 

昨年(2016年)から我が家は大荒れの1年となりました。

目まぐるしく忙しい中でも家での生活は滞りなく、むしろ安定して暮らすことができたのは、無駄なモノを減らしたことで無駄なコトをしない・無駄な意識をしないでいられたからだと思います。

大荒れになる直前まで、コツコツ無駄な物事を処分することを続けていたおかげだと、過去の自分に心から感謝したものです。

 

無駄が無いということは、余計なコトに心や思考が乱されることはありません。

心と思考、(物理的には)お金やスペースなどにもゆとりがあるので、焦りも生じにくいのです。

今ここで起こっていること・今取り組むべきことに、じっくり向かい合い取り組むことができる状態。 

 

無駄な物事を無くしていけば、シンプルな工程だけで暮らせ「ゆとり」が生まれます。

それは、自分の心と体を乱すことなく、時間とお金の大きく失うことがなく、粛々と暮らしていけるということ。

実はそれは暮らしの基礎ともいえる大事なことなのです。

 

スポンサー リンク

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ