私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

過去の教材を捨てる、その心持ちは

f:id:simple-life-diary:20171128171304j:plain

 

片づけをしていたら、過去の教材・ノートが出てきました。

ブログをはじめようと思い、だけどどこから手をつけていいのか、どんな文章を書けばいいのか分からず、先輩に教えを乞うたり、(比較的安価な)教材を買って勉強をしました。

ブログを書くネタなんかも書いていました。

当時はいろいろ書きたいことがあって、書きたい気持ちだけで思考は散らかっていたので、整理するためにネタ帳なんかもつくっていました。

教材やノートを見ると、懐かしい気持ちになりました。 

 

スポンサー リンク

 

 

お金を払って買った教材や、やるという意思で勉強をした努力の証しであるノートを捨てるなんて、(過去の私なら)躊躇してできなかったと思います。

そして「いつか使うかも」・・・というお得意のセリフも出てきていたと思います。

 

当時お金を払って買ったモノでも、今の私に必要ないなら役目は終えています

努力の証しのノートだって引き出しの奥にしまわれては、証しにはなりません。

「いつか使うかも」の「いつか」はきません

・・・今の私ならそう思う、だから、すっきり潔く捨てることができました。

 

右も左もわからないのに、「ブログを書こう!」とブログについて熱心に勉強したのは、自分の可能性を見つけたくて何とかしようという、心の焦りがあったことも思い出しました。

当時の努力がどう形になっているか今の私にはわかりませんが、当時の私も今も私もそのままを受け入れることができるのは、ブログによって自分の心身の整理ができたおかげだと思います。

 

昨日(11/28)のブログ村 断捨離ご参加の方のブログ企画[断捨離マラソン]のお題が「資料・教材」でした。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク