私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

シンプルな作業が、生み出すもの

f:id:simple-life-diary:20171105090437j:plain

 

料理が好きで得意な方は、日々手の込んだ美味しそうな料理をつくります。

「美味しくて栄養も摂れる食事ができるご家族は幸せなんだろうな」と、勝手な想像をしています。

素敵だと思う一方で、私は料理は得意ではない。

我が家は(よく言えば)シンプルな料理、質素な食事で日々過ごしています。

 

スポンサー リンク

 

 

食事の内容は和食が多く、味付けは【塩・味噌・醤油】の3つのパターンが中心。

調理方法は【焼く・蒸す・煮る】の超シンプルな3つのパターン。

栄養バランスは【肉・魚・豆腐/ご飯・パン/野菜・海藻(こんぶ、わかめ)】を取り入れるくらいしか考えていません。

 

洋食や中華は普段つくり慣れていないので、プロの味が一番。

たまーに行く外食で、お金を払って美味しくいただくことにしています。

 

料理は日々続ける家事で、休むことができません。

シンプルな作業にすることで、頭を悩ますことなく無理せず続けることができます。

ルーチン化されるので、悩みに時間をとられることもなく、余分な手間が省ける。

その分、自分の自由な時間ができます

その自由な時間にコーヒーを淹れて飲むとか・・・(我ながら)素敵だなと思います。

ここでも「他人は他人、自分は自分」の思考が働いています。

 

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク