私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

年を重ねるほどに、シックに生きる

f:id:simple-life-diary:20171028145745j:plain

 

シックを日本語で言い換えると「」とか「しゃれている」などですね。

フランス人マダムはシックだといいますが、日本人女性だって粋にしゃれて生きている方はたくさんいます。

 

スポンサー リンク

 

 

私の憧れの年上女性に共通している認識は、

加齢を受け入れていること

「年を取ったから・・・」と開き直って、見た目をおそろかにして行動はオバタリアン(←古い!)というのとは違います。

年を重ねても、身だしなみはきちんと整えています。

若く装うとか、派手・華美にするとかではなく、あくまでも「清潔感」と「自然に」を第一に、自分に合う年相応の服装と行動を心がけているということです。

 

社会にでる女性としてマナーと身だしなみを徹底されている姿は、その意識が見ている側にも伝わってきて、背筋が伸びる思いがします。

 

生き方も周りに振り回されることなく、自分軸でマイペースです。

世間で流行っていても自分の暮らしに馴染まなければやらない・買わない

自分にとって本当に必要な物事だけを厳選して生きているのです。

だから、生き方もその人らしさがあって素敵だし、身の回りにあるモノも素敵。

 

自分の心・暮らしと時間とお金を大切にしながら豊かに生きていくには、シックに生きている先輩から学ぶことが多いのです。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク