私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「何も置かない」が、やっぱり最強

f:id:simple-life-diary:20171024105207j:plain

 

先週に引き続き今週も台風の影響を受けた我が家。

近年の台風は勢力が強いまま日本に接近し、台風に限らず、気象現象は激しさを増しているのは事実。

今までと同じ危機管理意識では甘い!と私は考えています。

 

スポンサー リンク

 

 

そこで、外回りを今一度チェックすることをおすすめいたします

過激な気象現象の中でも、雨と風(突風や竜巻)は強さを増すばかり。

そして、自分の家の外回りに置いてあるモノが凶器になる可能性があるのです。

 

たとえば、ベランダに置いてある植木鉢が強風にあおられ飛ばされ窓ガラスを割る・壁にブチ当たる。

玄関回りの枯葉などのゴミが排水口に詰まり、水があふれてしまう、など・・・

そういったことが容易に起きやすくなっていると思うのです。

 

ところが、枯れた植物と干からびた土が入った植木鉢や家の不用品が置いてあるベランダ、玄関周りが枯葉の吹き溜まりのようになっている家、結構あるのです。

私の住むマンションの一室では、割れたプラスチックの収納ケースがいくつもベランダに放置されています。これも凶器になるし、周囲の家に飛散したら大迷惑になるだろうと思います。

 

外回りには何も置かないが、やっぱり最強です。

 

他人の暮らしであって、私の暮らしには関係ない・・・とは思えません。

危機管理は自分事と他人事の両方を考えていかなくてはなりません。

 

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク