私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

みずみすしく、柔軟な価値観をもっていたい

f:id:simple-life-diary:20171024105211j:plain

 

先日、所蔵の本から「もう手元には残さなくていいかな」という本を2冊抜きました。

ちなみに、こうして抜いた本の行き先は【寄付】です。

まとまった数をまとめて売るのを待つより、手放そうと決めた時にさっぱりと手放したいから。

 

スポンサー リンク

 

 

今回抜いた本のうち1冊は「これは私のライフスタイルのバイブル。永久保存版だ!」と深く心に残る本でした。

それから2年・・・

何度も繰り返し本を読むうち、内容がじっくり自分の中に染み渡ったのと、自分なりの暮らしを試行錯誤しながらつくっていくうち、ついにこのバイブルはいらないと思うようになりました。

「もう無くても大丈夫」自然にそう思え、2年前の自分と価値観に変化があったことを実感しています。

 

この本はいらなくなりましたが、今でもさまざまな本を読んでいます。

本はいろいろなことを教えてくれ、気づきも与えてくれる素晴らしい存在です。

 

みずみすしく、柔軟な価値観をもった女性は輝いていて素敵です。

自分の価値観に固執することなく、さまざまな価値観に触れながら、自分の価値観が変化していくことも素直に柔軟に受け入れたいと思っています。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク