私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

買うことは、問題解決にはならない

f:id:simple-life-diary:20170829171901j:plain

 

“入りきらないから、収納ケースを買いました”

“おしゃれに魅せるために、素敵なケース(ボトル)に入れ替えました”

など、度々見かけるのですが、私にとってそれらは

一時的な問題解決にはなるけど、根本的な問題解決になっていないと思います。

 

スポンサー リンク

 

 

使わないモノ・しまう場所に困っているモノを入れるためにわざわざ収納ケースを買う。

収納術を駆使してモノを詰め込む。

それってほんとに必要なことでしょうか?

 

見え方が変わるだけで、モノがそこにあることには変わりありません

(右から左へ流しただけで片づいたわけではないのと同じですね)

まずは、それが本当に取って置くべきモノか考える。

または、収納を圧迫しているモノを処分してスペースを作るなどすれば、わざわざ収納ケースを買う必要はなくなります。

 

買った収納ケースだって、いつかは処分するモノになります。 

不要なモノ+いつかゴミになる収納ケース のコンビは、案外簡単にそして無意識にできると思います。

現在は収納用品は多種多様で価格も安いですから。

でも、それらを捨てる時の事を考えていますか?

捨てるには労力がいります、時には捨てるためにお金を払う状況になるのです。

 

まずはいらないモノを処分して、家の余白つくりをしてみませんか?

そうすれば「これをどうやって取っておこう?」と悩むこともないし、収納ケースやおしゃれな入れ物に頼る必要はなくなります。

さらに、家の余白は心の余白につながる、嬉しいおまけもあるんですよ。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク