私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

着なくなった服の、ネクストステージ

f:id:simple-life-diary:20170924100818j:plain

 

ワードローブのカラーを考察したり、楽チンな衣替えを経て、手放すと決めた服が無事に旅立って行きました。

「手放す」決断は早いうちに下し、行動したた方がいいですね。

 

スポンサー リンク

 

 

着ることが無いと思ったら、すぐに手放す決断を下します。

今は手放す方法も多種多様なので、早めに行動したほうが、精神的な負担、時間のロスが少なくて済みます。

 

着ない服がいつまでもクローゼットにあることのストレスや後ろめたさ。

着られることもなく・行くあてもなくクローゼットに掛かっている姿を見るのは、心苦しいものです。

その心苦しさや処遇に悩むことは、時間を・思考を無駄にしていると思いませんか?

 

服の方も、着られることもなく放置されていると傷みやすくなりますし、服としての価値も時間の経過とともに下がっていきます。

なので、着なくなったらすぐに次に着てくれる方へ繋ぐ・・・これだけはスピード感を持ってやっています。

 

服は着れなくなるまで着倒すのが買った者の責任ですが、残念ながら手放すことになったのなら、旬のうち・着れるうちに、服としての命をまっとうできる次のステージまで送り出すのが、買った者の責任だと思うのです。

 

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

www.simplelife2014.com 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク