私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「借りぐらし」で生きていく

f:id:simple-life-diary:20170829171648j:plain

 

「すべてが神様からの借りもの。肉体も借りもので、時期が来たら神様へお返しする。」

という考え方がありますね。

 

スポンサー リンク

 

 

 

借りぐらしのアリエッティ』のストーリー紹介の一部に

“ 自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。”

 という一文があります。

 

借りもの・・・自分を含め、身の回りのものすべてが専有物ではない・・・そう考えると独占欲は無くなり、「執着」する心の縄が解けていくように思います。 

 

今持っているものを大切に使い続ける気持ちを、見失っていないか?

今持っているものと心の調和を大切にする。。。

 

なにがなんでも「おしゃれ」な自分でいないといけないのか?

とまで、思えてくるのです。

(「おしゃれ」と「身だしなみ」は別次元です!)

 

さらに、自分の体を大切にしたい思いも強くなります。

体に鞭を打ってまで働かなくてもよい暮らし=少ないお金でも幸せにくらせる心

体に負担になるような食べ物は食べない=質素でも自炊をする

 

ひとつひとつは小さなことですが、執着を無くしていくことで、自分の暮らし・お金・時間・持ちものを守っていくことができるはずです。

そういう暮らしを実践するには「借りぐらし」という生き方は素敵だと思うのです。

 

ストーリー - 映画『借りぐらしのアリエッティ』公式サイト

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク