私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

40代手前の私が思うこと

f:id:simple-life-diary:20170912102746j:plain

 

私は間もなく38歳。40代手前の年齢です。

思考や気持ちは未熟で年齢相応とは思えないですが、見た目は確実に年齢相応になっています。

加齢に逆らって、抗って、頑張って「若さ」を維持するか?

それとも、受け入れて、開き直って、あるがままで生きるか?

私は、どちらでもあって、どちらでもない。という風に思っています。 

 

スポンサー リンク

 

 

加齢に逆らい、抗い、若さを頑張って維持すること・・・

これは一歩間違えると、「若作りのイタイおばさん」になってしまいます。

ただ単純に若い子と同じ服装・価値観でいれば若くいれるというわけではないので、気を付けなくてはならないところです。

 

年を重ねると自己の価値観が形成されるので、頑固になったり、「普通は~~でしょ?」と自分の常識を押し付けがちです。

価値観は、若い頃のように瑞々しい感性や柔軟な発想は持ち続けていたい、と思うのです。

 

見た目は若さにすがらず、加齢を受け入れつつも、だらしなくならないよう、清潔感を大事にしたい。

服装は年齢に甘んずることなく、でも若作りにならないよう、理想の女性像を見失うことのないよう、気を配りたいと考えています。 

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク