私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

シンプル=幸せ

f:id:simple-life-diary:20170829171852j:plain

 

絶望を味わう暮らしから逃れるため、必死になってモノの整理整頓・捨てを実行し、身辺整理にも片足を突っ込んでいました。

そうしていくうちに、自分の内面と向き合い、気付いたことや改めるべきことを知ることができ、所有欲・自己顕示欲を燃やすこと、やみくも買い物をすることも減っていきました。

(そして、お金は増えていった・・・!)

 

スポンサー リンク

 

 

シンプル=幸せ

私の場合、身の回りをシンプルにしたことで、幸せを実感する機会が増えたのです。 

「シンプルになったから幸せになった」のではないのです。

シンプルになったからこそ、雑念のない心で物事を見ることができ、「これって幸せなんだな」「私は幸せに暮らしているんだな」と実感するのです。

 

シンプルライフを実践していても、それ自体が誰かかから影響を受けていたり、他人と比べ不足感や欠乏感、引け目を感じているようでは、幸せを感じることは少ないはずです。

また、「誰かがやっているから私もやる」、「流行り・定番だから私も」といった、「誰か」や「世間」に依存した状況は、どこか虚しさを感じるものです。

 

自分の内面を直視して、モノ・お金・時間・ヒトをシンプル(簡素)にすることで、心身ともに安穏になり、自分らしい暮らしが実現するのではないかと思うのです。

自己と向き合い、自分の軸をブラさないことが幸せのひとつなのです。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク