私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「捨て疲れ」に見舞われた時

f:id:simple-life-diary:20170623093837j:plain

 

いつも潔く捨てることができる人、毎日捨てを実践している人がいますが、私は捨てることに疲れる時があります。

 

スポンサー リンク

 

 

時間とともに価値観が変化していらなくなるモノ、劣化により捨てざるを得ないモノは仕方ないとして、

なぜいつもこんなに捨てるモノが出てくるのだろう?と我ながら首をかしげてしまいます。

 

捨て疲れを防ぐ唯一の方法は、買うことに慎重になることです。

予見できない価値観の変化には、変化に左右されにくいMy Basicに忠実になる。

服や靴・バッグなど身につける物は、My Basicに忠実な方が長く使うことができます。

また、いち早く劣化がくるもの、劣化してみずほらしくなるモノは選ばない。

 

「断捨離」で言えば「断」・・・入ってくる要らないモノを断つ

これこそ、とても大事なことだと思うのです。 

捨て疲れに見舞われた時は、「断」を考え直すいい機会なのかもしれません。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク