私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

風の通り道を広げる

f:id:simple-life-diary:20170529094652j:plain

 

6月に入りました。

水無月」という素敵な名もあって、いよいよ梅雨の季節だと実感します。

 

連日しとしと降り続く雨の日は、街中が静かなので好きです。

雨音に交じって鳥のさえずりが聞こえてくると、嬉しくなります。

この時期はツバメが雨の中颯爽と飛ぶ姿を見ることもでき、いのちのひたむきさに感心することも多くあります。

 

スポンサー リンク

 

 

一方で、湿度が高いので家中が湿っぽくなりがちです。

空気が湿っぽいと家にこもる臭いも気になるので、ここは「風を通す」ことが大事になってきます。

 

雨の日でも換気をすることは家にとっては大事なことだそうです。

 

いらないモノがあれば空気の流れを遮ります。

よどんだ空気のたまり場ができてしまいます。

空気の流れをスムーズにするために、いらないモノを積極的に処分し風の通り道を広げていきます

 

とくに納戸・クローゼット、靴箱、パントリーは、家電の力を利用して強制的に空気の入れ換えをしています。

www.muji.net

便利すぎて季節かまわず毎日使っていたら、低騒音じゃなくなっちゃった!

ですが、日中生活するうえでは問題はありません。

 

毎日を快適に心地よく。

空気の流れと風の通り道をイメージしながら過ごしたいですね。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク