私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

暮らしと人生

f:id:simple-life-diary:20170502095554j:plain

 

生きるうえで本当に大事なモノ

それを考えることもなく生きてきました。

 

逆に、他人より抜きんでることを考えたり、

他人よりいいモノを持つ、派手な暮らしをする欲望を満たすため

お金をかけて見栄を張っていました。

 

スポンサー リンク

 

 

今、私がお金をすごく大事にし、時には守銭奴のような発言を繰り返すのは

見栄ばかり張ってお金を使い込んだことによる、家計の破綻危機があったから。

 

あの頃には絶対戻りたくない、戻らない。

そう気を引き締めるためでもあります。

 

私がシンプルな暮らしを実践しているのは、

 ○ 心地よい時間を過ごしたい

 ○ 自分と家族を大切にして生きたい

という理由からですが、

こうした暮らしをしていくには、心の安定がなくてはなりません。

 

お金の不安や問題は、心の安定・不安定に直結することです。

私は家計が破綻寸前の時は、気が狂いそうなほどでした。

生きるうえで必要な食べ物を買うだけで「お金が無くなる」と落胆。

電気・水道料金、住宅ローンを払うのもギリギリの状態。

心の中で「金!金!!金!!!」とつぶやきまくり。

 

 

・・・

雑多な物事を排除して、自分の心を整理していきました。

そのほとんどは「捨てる」で、投じてきた金額の90%は捨てる結末となりました。

 

時間はかかりましたが、今はお金の不安は減りました。

あの家計破綻寸前の頃より、心は穏やかで安定しています。

 

暮らしを大切にできない人間は、良い人生を送れない。

私は過去の経験から学びました。

 

 

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク