私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

私の暮らしを変えた1冊の本

f:id:simple-life-diary:20170418144220j:plain

 

暮らしが立ち行かず辛い思いをしている時に、本屋に通っていました。

おもに「引き寄せ」や「お金を増やす」といった内容の本を見るためでしたが、偶然目についた1冊の本を手にして読んでみました。

 

スポンサー リンク

 

 

私は物質的・金銭的な暮らしをすることばかり考えていて、暮らしの根幹・・・生きるために本当に必要な物事をには意識を向けていませんでした。

 

本当に大切なことはなにか?

目の前にいるオットとの暮らしに、たくさんの物や追いかけてまで得るお金が必要か?

 

本来なら自力で気がつくべきところ、未熟な私は1冊の本を読み込むことで、自分の暮らしに落とし込んでいきました。

その過程では、たくさんのモノや高価な服や靴、人目を引くための豪華なモノなど一切必要なかったのです。

 

今の私たちが無意識に行っていること、世の中で当たり前になっている事にシンプルな目線で独自の考えを持っていらっしゃるところは、さすがときをためて、暮らしを慈しんで育てている方のご意見だと感服します。

 

自分のとって本当に大切な物事を守り・絶えず育てる、この方法を試行錯誤しながら数年・・・今やっと暮らしが落ち着き、私なりの心地よい暮らしができるようになったと実感しています。

 

▼ この本とこれ以降のご夫婦の本も大好きで、いつも手元に置いて読んでいます。

ききがたり ときをためる暮らし

 

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

 今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク