私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

プチプラ服を着ない理由

f:id:simple-life-diary:20170410104715j:plain

 

私はユニクロやGU、ZARAH&M・・・その他「プチプラ」 と呼ばれる服は買いません。

やはりプチプラは“それなり”だからです。

 

スポンサー リンク

 

 

プチプラ服を安く見せないような着こなし術があり、楽しんでいる方がいる一方で、服はやはりそれなりなのです。

生地の質感・縫製は、やはりお値段なり。

着続けていくうちの変化(毛玉、ヨレ、色褪せ)は、想像をはるかに超えるスピードで進みます。

ユニクロは数年前に比べて、価格に対して品質がひどく落ちた感じが否めません。。。

(なお、GUの店舗・WEBには一度も行ったことがありません)

 

私は、同じ服を週2・3回&数年間着ます

そのため、定番品なら・・・と買ってみましたが、やはり生地の質感や体のラインへの寄り添い感、そして早すぎる劣化に落胆してばかりしていました。

第一、「プチプラを安く見せないための着こなし」を考えるのが、すごく億劫だったのです。

その着こなし術がない自分は仕方ないですが、プチプラにその値段以上の高級感を出させるのは至難の業、酷だと思います。

 

千円札何枚かで安く買った服を、安く見せないための着こなしを考えたり、あっと言う間にみずぼらしくなることにいちいち落胆するくらいなら、価格はプチでなくても安心してヘビーユースできる服を買う方が性に合っています。

 

また、シーズン毎にプチプラで服を買い替えたりすることは、過剰な消費活動の一端であり、“使い捨て”概念と同じだと考えています。

シンプルライフ=プチプラ は結びつかないというのが、私の考えです。

服を買うなら、捨てなさい

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク