私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「セール」という言葉に興味を示さない

f:id:simple-life-diary:20170330103412j:plain

 

10代の頃からセールが好きで、それから10年以上、夏と冬のセールは欠かさず行っていました。

若さと体力があったからできたことだとは思いますが、今では「セール」という言葉に興味が無く、アンテナに引っ掛かることが無くなりました。

 

スポンサー リンク

 

 

セールで買うと得した気分で満足しますが、その満足感はあっという間に消えてしまいます。

そして、買ったモノを見て「え?なんでこれを選んだのかしら?」と自分自身の選択に愕然とすることもありました。

「セール」という言葉に踊らされて、欲をダダ漏れさせて、大事なお金を捨てるような真似ばかりしていました。

 

 

私は、つい最近まで無印良品週間にも敏感に反応を示していました。

無印良品は「セール」という言葉を使わずセールをしていて、

私は「セール」という意識を持たずにセールに参加していたのです。

いつも買っているモノが期間限定で10%安く買えるのは魅力的で、気持ちがうわずります。

そして、「今のうちに何か買っておくモノ探し」を始めます。

または、「無理矢理にでも買い替えをしよう」という発想になります。

 

ある時、ふと、昔セールで買いあさっていた自分の姿を思い出し、今の自分と重なって見えました。

 

安く買えることはありがたいことですが、安く買えるけど今は買わなくて済むことを考えられる人間でありたいと思います。

お部屋も心もすっきりする持たない暮らし

▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

www.simplelife2014.com

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク