私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

いつも、繰り返し

f:id:simple-life-diary:20170328144955j:plain

 

昔は、いつも同じことを繰り返している暮らしは“つまらない”と思っていました。

だから、(ほんとは乗り気じゃない)飲み会に参加したり、(さほど興味がないのに)友人と展覧会に行ってみたりしていました。

 

スポンサー リンク

 

 

当時はSNSもやっていたので、定期的にプライベートをアップして自分の存在を示しておきたい、という気持ちもあったのかもしれません。

また、他人から「充実した日々を過ごしている」と思われたく見栄を張っていただけなのです。

 

しかし、乗り気じゃない飲み会も興味が無いのに行く展示会も、私の神経をすり減らし疲労させ、コツコツ稼いだお金を一瞬にして消えさせるものでありました。

 

私は自分の足元を完全に見失い、日々の暮らしの営みを軽んじて、遠くを見て憧ればかり抱き(幻想で)暮らしを飾っていたのです。

 

いつも繰り返している、コーヒーを飲む時間・毎朝の掃除・夜はゆったり本を読んで過ごす時間・・・どれも大事な時間だという意識を持っていませんでした。

身近な場所、身近なモノ、“いつも、繰り返しの時間”こそが、私の体と心を癒してくれるのです。

それらは、飲み会や展示会の入場料に比べれば、ほんの少しのお金で十分なのです。 

 

▼ 関連記事


 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク