私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

便利な言葉でごまかさない

f:id:simple-life-diary:20170317104223j:plain

 

捨てるモノがやっと減ってきたと実感します。

特に捨てる洋服が減ったのを実感します。

 

スポンサー リンク

 

 

ところで、洋服を捨てるのに便利な言葉があるなーと感心(?)したことがあります。

特に「邪気を吸った服」という言葉に大変驚いたことを覚えています。

どうやら、布物は邪気を吸いやすいので、定期的に見直して処分するのが運気向上につながるそうです。

 

自分の気持ちがその洋服から離れている理由に「コレ、邪気を吸っているから」なんて言われてしまったら、洋服からすれば「ヘンな言いがかりをつけるな!」かもしれません。

 

手に取り、状態をしっかり確認して、着れない状態だったら捨てる。

その洋服から気持ちが離れた(俗にいう“ときめかない”)なら、潔くリサイクルに回す。

それでいいと思うんです。

なぜ、いちいち「邪気」とか「運気を上げるため」とか、ミステリアスな理由をつけるのでしょうか?

 

私は、手放すものに無礼な扱いをせず、正直でいるよう心がけています。

だから、自分をごまかす・正当化するような便利な言葉は使いたくありません。

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク

 


▼ ブログ村 ランキング