読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

定番品でもいらない

持っていないモノ
f:id:simple-life-diary:20170317104225j:plain

 

春がもうすぐそこまで来ています。

早く重いコートを脱いで身軽に颯爽と歩きたいです。

羽織りものが軽くなり、身軽になるあの感覚は、春を迎える度ウキウキします。

 

スポンサー リンク

 

 

春の羽織りものの代表格と言えば、トレンチコート、フード付きパーカーといったところでしょうか。

ベージュのトレンチコートやグレーのフード付きパーカーを羽織る人が増えると、いよいよ季節が進んだなと思うのです。

 

春の定番アイテムとして君臨していても、私にとってはいらないものです。

昔は「持って当然」と思い込んでいたので、どちらも持っていましたし、着ていました。

でも、どちらも私にはしっくりこなくて、とくにトレンチコートは自分で選んで買ったのに着ていることがほんとに苦痛でしかなかったです。

 

苦痛だった理由は、「なんか似合っていない気がする」「周りとかぶりまくって恥ずかしい」この二つでした。

 

周囲やメディアの情報に流されて、自分に似合わないものを着ていることが滑稽でした。

特にファッション業界は売るために流行をつくるとも言われています。

ということは、売るために定番品をつくり、ちょっとづつアップデートしたものを「買い替え」という便利な名目を使って買わせていくという戦略もあると想像できます。

 

もう相手の戦略に乗ることもありませんし、自分に不似合なものを買うような滑稽なことは絶対にしません。

 

 ▼ 関連記事

www.simplelife2014.com

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク

 


▼ ブログ村 ランキング