私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

モノが少ないと、モノの目利きができる

f:id:simple-life-diary:20161121160545j:plain

アウターの新調など、しばらくモノの新調が続いています。

どうして急に新調(買い替え)をしているのか?

そういうタイミングだから?こころの状態が不安定だから?私なりに考えてみたところ、別の理由があることに気づきました。

 

スポンサー リンク

 

 

持ちモノの数が少ないと、目につく回数が増えるので、モノの今の状態をしっかり見ることができます。

普段から目についたり、手に触れたりすることが多いです。

そのタイミングでふと「あれ?これはずいぶん傷んでいるな」と気づくのです。

当たり前のことを言っていますね、でも、これは真実です。

 

ただ、たとえ身の回りのモノが減って、モノの状態に目配り・気配りができたとしても、やみくもに新調したりはしません。

 ○ 客観的に見てどう感じるか・・・古すぎる・汚れがひどい

 ○ それを使い続けることができるか・・・壊れている・破れているとか

 ○ ほんとうに新調する必要があるか

なんてところを考えたうえで、モノを新調するか決めています。

 

ひとつひとつのモノの状態をしっかり見て、モノの状態の目利きができるようになり、自分の暮らしにほんとうに必要か考えられる。

そういう、いい循環ができてきていると思います。

関連記事

www.simplelife2014.com 

 

・・・今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク

 


▼ ブログ村 ランキング